smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
profile
recommend
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん (JUGEMレビュー »)
ロバート キヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士)
読み始めてからモヤモヤしていたものがすっきりした感じ。お金の教科書!
recommend
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? (JUGEMレビュー »)
林 總
さて、どちらでしょう?私は会計初心者なので、楽しく学べました。
recommend
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫 (JUGEMレビュー »)
G.キングスレイ ウォード,G.Kingsley Ward
息子への手紙から数十年間にわたる経営者としての生き方と、父の愛情が伝わる一冊。
google ado
new entries
categories
archives
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 七夕祭り | main | Re:スタート >>

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)

評価:
島田 洋七
徳間書店
¥ 540
(2004-01)
Amazonランキング: 117位
Amazonおすすめ度:
読みました。
最初は単なる笑える本なのかと思っていたら、さにあらず。
もちろん、笑える部分もたくさんあったのですが、むしろ感動で涙する場面のほうが多かったです。
幼少の頃、佐賀のばあちゃんのところに預けられることになった筆者は、漫才ブームの立役者の一人、島田洋七さん。広島にいたときも貧乏だったそうなのだが、それ以上に貧乏だったのが佐賀の”がばい”ばあちゃんの家。でも、その貧乏をものともせず、明るく行き延びていくばあちゃんと、それを陰ながら支える暖かい佐賀のお隣さんたち。
洋七さんの周りの同級生などとのふれあいも、のどかな田舎らしい雰囲気があふれている。
笑って泣いて、新しい何かをつかんだような気になった一冊でした。
シリーズのほかの作品も読んでみたい。

at 01:21, クラウス, レビュー

comments(0), -

スポンサーサイト

at 01:21, スポンサードリンク, -

-, -

comment