smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
profile
recommend
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん (JUGEMレビュー »)
ロバート キヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士)
読み始めてからモヤモヤしていたものがすっきりした感じ。お金の教科書!
recommend
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? (JUGEMレビュー »)
林 總
さて、どちらでしょう?私は会計初心者なので、楽しく学べました。
recommend
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫 (JUGEMレビュー »)
G.キングスレイ ウォード,G.Kingsley Ward
息子への手紙から数十年間にわたる経営者としての生き方と、父の愛情が伝わる一冊。
google ado
new entries
categories
archives
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

久しぶりに

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

久しぶりに日記の更新をしたいと思います。

最近行ったことといえば、Kyashの登録とOrigami Payの登録をしたのがトピックといえます。

最近は、様々なスマホ決済のサービスが増えてきて、どのように使っていくかを考えていくのが苦しくもあり、また、楽しみでもあったりします。

その時その時で有利になるサービスを利用しつつ、この競争を見守っていきたいと思います。

at 20:44, クラウス, -

comments(0), -

29日は肉の日

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

29日。

 

今日はいろんなお店で肉(29)の日と言う語呂合わせで、肉料理をお得な料金で提供している日です。

多数ある飲食店の肉の日サービスの中から、私がほぼ毎月行っているのが「石焼ステーキ贅」です。

 

1ポンドのリブロースステーキが提供されていて、とてもお得に食べることができています。

今日は仕事終わりに向かったのですが、駐車場がほぼ満車状態。

受付だけを済ませて時間が来るまで買い物をしながら待つこと20分。

受付時点での予想待ち時間よりも早いタイミングで空いたようで、思ったより早く食事をすることができました。

しかも、順番で空いた6人掛けの広いテーブルを1人で占有してしまうと言う素晴らしくありがたい空間で食事をすることができ、余裕のある食事が楽しめました。

味もサービスも大満足の食事を終え、お腹いっぱいの状態でブログを書いています。

来月も楽しみに行きたいと思います。

 

at 23:14, クラウス, イベント

comments(0), -

肉マネークーポン500円プレゼントキャンペーン!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

私が、まあまあ利用させてもらう、「いきなり!ステーキ」さん。

「肉マネークーポン500円プレゼントキャンペーン!」イベントを開催していました。

気になる内容はというと、

 


 

2019年4月22日(月)〜28日(日)の期間中にいきなりステーキで食事をした肉マイレージ会員に、「肉マネークーポン500円」をプレゼントする

 

※対象期間中に肉マイレージの加算履歴がある会員、一人一回限り

※クーポンは5月24日から利用可。有効期限は発行から2ヶ月

 


 

結構お得感のある内容だったので、ようやく最終日に食事に行ってきました。

個人的にお気に入りの「ワイルドハンバーグ」を食してきました。

条件は満たしたので、5月24日のクーポンを待つのみです。

 

at 01:12, クラウス, グルメ

comments(0), -

Re:スタート

弱めの宣言になりますが、再スタートを図ろうと考えています。

日々の生活が基本となる中、身近に起きた出来事や感じたことを書き連ねていけたら良いなぁと考えています。

些細なネタも更新していくように考えているので、ぜひお立ち寄りください。

at 01:41, クラウス, -

comments(0), -

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)

評価:
島田 洋七
徳間書店
¥ 540
(2004-01)
Amazonランキング: 117位
Amazonおすすめ度:
読みました。
最初は単なる笑える本なのかと思っていたら、さにあらず。
もちろん、笑える部分もたくさんあったのですが、むしろ感動で涙する場面のほうが多かったです。
幼少の頃、佐賀のばあちゃんのところに預けられることになった筆者は、漫才ブームの立役者の一人、島田洋七さん。広島にいたときも貧乏だったそうなのだが、それ以上に貧乏だったのが佐賀の”がばい”ばあちゃんの家。でも、その貧乏をものともせず、明るく行き延びていくばあちゃんと、それを陰ながら支える暖かい佐賀のお隣さんたち。
洋七さんの周りの同級生などとのふれあいも、のどかな田舎らしい雰囲気があふれている。
笑って泣いて、新しい何かをつかんだような気になった一冊でした。
シリーズのほかの作品も読んでみたい。

at 01:21, クラウス, レビュー

comments(0), -